スポンサーリンク

30万お金を貸した話 - トウカイタクミの資産形成
FC2ブログ

30万お金を貸した話

自分の働いている会社には外国人研修生がいる
研修生というのは名目だけで実際には労働力である

その研修生にも2種類いる
日本に初めてきて3年仕事をする人
もう一つが一度うちの会社で3年働いてまた働きに戻ってきた人である
違いとしては即戦力か教育が必要か、基本給が14万か17万かというところである

今回は再度戻ってきた研修生にお金を貸した話である
まずはこの研修生の話をする
この研修生はKさんと仮定する
Kさんは23歳から25歳まで一度うちの会社で働いている
そして去年29歳で再度うちの会社に働きに来た
3年間仕事をしていただけあって日本語も仕事もできる
そして母国に帰ってすぐ結婚し今は奥さんと子供がいる
さらに家を今建てているという
問題はここである家の形は出来たが内装のお金が30万足りないから貸してほしいという
当然自分はそんな大金は貸したくないから答えはノーである
一度は断ったものの2人で仕事をした後の車で再度頼まれ契約書を用意し期限一年で利息5%(貸したくないためこの条件をだした)で貸す約束をしてしまった
去年の12月のことである
ちなみに利息をもらう気はない

でそのKさんなのだが6月現在(貸して半年)1円も返してきていない
一括で返済しようとしているのか考え方次第だから別にそれは構わない
ただ車がほしい、バイクが欲しい、PC買った、タブレット買った、奥さんに今月は5万送ったという話をしてくる
もちろん貸したお金の話はしない
別に何が欲しかろうと何を買ったでもいくら送金したとしてもいい
ただ自分にそういう話をしないで欲しい
貸した側としては思いたくもないのに
「先に貸した金返せよ」
と思ってしまう
もちろん言わないが
なにはともあれ人にお金を貸すべきではないのだろう
お金を貸して嫌な気持ちになって最悪である

このKさん7月で2年目(累計5年目)のため来年12月の段階で後1.5年残っている
借用書もあるため会社に頼めば貸し倒れの可能性は低いだろう
関連記事

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント