スポンサーリンク

アーリーリタイア出来る資金は - トウカイタクミの資産形成
FC2ブログ

アーリーリタイア出来る資金は

前回ブログで書いたIPOの補欠当選の件だが落選したorz
まぁそんなものだろう
IPOの申し込みを初めてから1年
1個も当選していない
当選する気がしないのだが、、
多分いくつかのネット証券で申し込まなくちゃダメなのだろう

今日はお休みだった
腰の痛みと左のおしりから腿裏にかけてのしびれがあって今日は寝て過ごした
なんだか咳も止まらないし体にガタが来ている

こういう時ってネットを見ていてもアーリーリタイアの事を調べてしまう
仕事のある日はいいのだが仕事が休みの日は無性に仕事を辞めたく感じる
いくら資産があったら仕事を辞められるかという記事が山のようにある
不労所得(原子維持)的に見れば月10万円(年120万)もしくは年200万円という数字がよく出てくる
てなわけで自分的にも少し考えてみた
考え方としては2つの間を取って年税引き前で200万(税引き後160万)で考えてみる

株の場合
年配3%程度でポートフォリオを組んだ場合
資金x3%=200万
その場合約6700万の資金が最低必要

FXの場合
レバ3倍でドル円で1.5%のスワップ金利が入る場合
1.5%x3=年率4.5%
資金x4.5%=200万
その場合約4500万円の資金が最低必要
※現在の約1ドル105円のレートで購入の際約70.6円を切るとロスカットされる

自分のトレード的には上記の2つの方法が現実的と考える
FXのスワップポイントでのリタイアを考えてみたけどレバ3倍だとなんだかリスキーな気がする
でもレバ2倍で考えると株と変わらなくなっちゃうしなー
それでも最低限の資金として4500万円なのかなと感じる
ただロスカットのリスクを考えると現物株式が最有力だろう

結論
アーリーリタイアをして不労所得だけで暮らしていくには
株式で6700万+現金資産500万で7200万円必要だと思う

現金資産500万円って結構大変な様だけど
6700万円作れた人であれば 配当160万+仕事での貯金100万って考えれば
これくらいの資金がたまってしまえば2年で500万円くらい貯金がが簡単に出来てしまう

きっと6700万円貯めた人が資産運用しながら後5~10年でも働き続けたら余裕で資産1億超えるのだろうな
これぞ複利の力って感じ

これまで全く働かないでリタイアする資金について書いてみた
けれどもバイト程度の仕事をするセミリタイアであればハードルはもっと下がるのだろう

どうせ辞めるじゃ働きたくないし
お金に不自由したくもない
でもたくさんお金を貯めようと思えばなかなか辞められない
難しい問題

宝くじでもあたらないかなー
買ってないけど
関連記事

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント