スポンサーリンク

見積の承認時の出来事 - トウカイタクミの資産形成
FC2ブログ

見積の承認時の出来事

なんだか眠い明日も仕事なので早めに寝たいと思う

うちの会社は工事の施工管理の仕事なのでお客様よりお見積り依頼があれば現場説明を聞きに行き見積を作成する
出来た見積は部長の承認を受けてお客様へ提出される
ただ経験によって30万以下は見せなくてもいいとか100万以下は見せなくてもよくなったりする
因みに自分は全部承認を貰って提出している

で本日見積の承認を貰いに行った
内容は台車にステンレスの入れ物を取り付けたいというもの
お客様が買った台車にステンレスのドレンパン(受け皿)を作り台車に固定したいという内容
で問題になったのが重量

部長「このステンの重量全然違うじゃんかよ」

重量が僕の出した量の約倍(僕が28kgで出していて部長が出した数字が63kg)キロ単価が約546円の為1万9000円も見積に差が出てしまう

僕「(え?マジで?)すいません」

部長「はーあ、なんでこんなに違うんだよ!もっとよく考えろ!!」

僕「はい」

その後席に戻り間違いの確認をしたのだが、あっている?
見積の計算式を見ると1Mx2Mの板(定尺)からとり切れないから2枚分見ておこうという事
まぁレーザーで切るので定尺なんて物は関係ないのだが
それはいい
ただこれからはそういう計算でやった方が良いのだとしたらやり方を変える必要がある為確認した

僕「○○さんこの重量って定尺2枚分って事でいいんですよね?」
なにかが感に触ったらしく

部長「お前はどこからこの数字((kg単価)を出したんだ?」

僕「○○さん(鋼材屋)に聞きました」

部長「それはどういう聞き方をしたんだ?」

僕「レーザー1枚の単価です」

部長「それは小さい板か、大きい板か?1枚だけの注文か?」
半年くらい前の事なのでそこまで覚えていない(今思い出すとそこまでの確認はしていないしする必要性もない)

僕「そこまでは覚えてないです」

部長「はーあ」
少し時間を空けて

部長「そんなよくわからない単価より○○(マクロで作ったらしい)を見た方が参考になる」
初めて聞く言葉だったので

僕「○○って何ですか」

部長「…………(30秒後くらい)ちょっとこい」
行くとそのファイルを見せてくれた(数値を入れて曲げの数を入れると回答が出てくる)
そして計算を入れていく
ちょっと鋼材の単価が安かったみたいで最初の単価より上げていく
でた数値は1万3000円
僕の出した数値は1万5000円プラス曲げ加工4000円の1万9000円
部長の出した数値は3万4000円プラス曲げ加工4000円の3万8000円
1万3000円は原価なので1万7000円(1.3倍)くらいがうちの会社の見積価格となる
その結果を見て

部長「これくらい見ておけばいい」
以上

僕「(あんたの価格原価の2倍以上だかんな)ありがとうございました」
結局自分が聞きたかったのはこれからそっちの計算にした方が良いのかな?ってことだったのだが
なんか変に食ってかかられたから次からどっちにすればいいのか分からない

別に部長としての方針を出してくれれば今度からその計算で出すんだけどね

多分次にこの価格で承認貰いに行ったら怒られる気がする…

それとこの63kgの見積を自分の名前で出すのが地味に嫌なのだが、、
だって他に見積した所がいたら倍以上重量が違うとか恥ずかしすぎる(笑)
関連記事

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント