スポンサーリンク

株で成功するための心理学を読んでみた - トウカイタクミの資産形成
FC2ブログ

株で成功するための心理学を読んでみた

先日のFXトレードでルール通りトレード出来なくて暴走してしまった事もあり家にある投資本で良さそうなものを探してみた
タイトルで決めたのだがそれが西野武彦著 株で成功するための心理学↓


正直言うとトレードルールを守ることに対する見解が載っていたら嬉しかったのだが全く期待したのと違う内容だった(-_-;)
何かしら自分の中に落とし込めるものがあればいいと思っていたのだが現実は甘くなかった

ちなみにこの本は2000年出版なので18年くらい前の本になる
基本的に家にある本は父親が信用取引使いながら積極的にトレードをしていた2009年くらいまでの本しかない(笑)
ニーウスの信用2階建て+リーマンショックでやられてその後は積立主体のほったらかし投資になったので投資本はそこまでしかない
そんな訳でにはマネックスさんの取引における取得ポイントで買った投資に関する本が大量にある(信用取引しなくなったのでポイントもたまらなくなったので買えなくなったのもある)

話を戻すが今日読んだ本は心理学と言うよりどこで買ってどこで売るかについて書いた本だった
要約すると株式投資で負けている人は順張りをしているから負ける
勝つためには人と違う逆張りをしなくてはいけない
と書いてある

そして売買タイミングについては終始一貫して暴落の時に買ってある程度のところで全て利確すれば簡単に儲ける事が出来ると書いてある

暴落して誰も買う気が起きなくなった時に買ってある程度利益が出た所で欲張らずに全部利確すればいいと

そんな簡単じゃないと思うんだけどね
下がっている時にどこで下げ止まるかなんて全く分からないからみんな買わないのだし
利確についても損失の許容量に対して利益額が少なくなってしまうような気がするし

とりあえず自分の期待したものではなかった事と
自分のトレードに落とし込める部分がほとんどなかったのは残念だ
もちろん人の考えを読むこと自体は悪い事ではないのだが
多分株の基本的な事な考え方について結構書いてあったので株を始めたばかりの人が読むように書かれているのだろう

どちらにせよこのブログを見てこの本に興味を持ったとしても特別読む必要はないと思う
古い本なので出来れば似た内容なら新しい本を探した方が良いだろう
それでも気になる人は図書館ででも借りてくれ3時間もあれば余裕で読める文章量だ

トレードのルールを守る方法については今後も考えていきたい
他にもそれっぽい本を探してみたのだけれど家にはなかった
関連記事

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント