スポンサーリンク

時事 - トウカイタクミの資産形成
FC2ブログ

プライベートブランドが安いとは限らないんだよっ(ドヤ)

皆さんはコンビニのプライベートブランドが安いものだと思っていませんか?
最近お菓子系とか冷凍食品とかのPBだと似たものをスーパーで買ってもそんなに値段が変わらない

理由としては
・流通コストが安いから(すでに独自の流通網がある)
・大量受注の全て買い取りで値引きしてる(販売店舗が多い)
これは売る側にもメリットがある全部買い取りなので利益の計算がしやすい(デメリットは自社製品のライバルが出来て売れなくなってしまう事)

大きく分けてこの2つの理由で安く販売出来ている

つまりプライベートブランドは割安で商品が買えるという事だ!

そんな風に思ったあなたあまいですよ~

例えばセブンで売っている強炭酸
現在のコンビニ価格で85円(税込み91円)2018/6/27現在

それに対してローソンで売っているウィルキンソン
現在のコンビニ価格で80円(税込み86円)2018/6/27現在(ネットでまとめて買っても値段は一緒だった)

ウィルキンソンの方が安い!

こんなの単純に比べられませんよ! 
と言うかもしれないがこのウィルキンソンも強炭酸も実はアサヒ飲料さんの工場しかも同じ製造ラインで製造している

全く同じか?と聞かれたら炭酸の割合が多少違うかもしれないが
元となる水(井水)は全く同じものなので味は同じ、違うとしたら炭酸の量だけ(炭酸の値段自体は安い)

つまりセブンの強炭酸とウィルキンソンは同じものと言っていいだろう

でもとに戻すがメーカー品のウィルキンソンが80円でプライベートブランドの強炭酸が85円
価格差は約6%だ!!

元が安いものなので(水が80円が安いかは分からない)分かりにくい

しかしプライベートブランドでも割高な商品があると言う事を知っておいて欲しい

まめ情報だが去年富士吉田の子会社富士山仙水をアサヒ飲料と完全に名前を変えて炭酸水の製造ラインを作った
当たり前だが炭酸水はそこでくみ上げる井水によって味が変わってくる
もしかしたら東と西もしくは北と南で多少の味の変化があるかもしれない(笑)

スポンサーリンク

地元からイオンが去ったらどうなる

さっきヤフーニュースを見ていたら地元のイオンがつぶれる事が決まって困ったという記事が載っていた

「イオンが来た時に競争が激しくなって地元の商店街がつぶれちゃったよ、おまけにイオンも利益が出なくなったから閉店しちゃうどうしよう」と

現在自分の住んでいる富士宮市でもイオンがあって商店街は半分以上シャッターが降りている
きっと富士宮もイオンつぶれたら困るんだろうな
とは言っても週末の込み具合を見ているとつぶれる気はしないが
つぶれたとしても商店街にはいかないけどね
なんせほとんどの店で駐車場がないという不便具合
そりゃあつぶれますわ

で結局イオンにつぶれたら困る人たちはどうすればいいかと言えば買い物のほとんどをイオンですませるしかないと思う
つぶれて困るのは自分たちなので出来るだけ買い物はイオンですませてイオンの売上に貢献するしかないと思う
イオンにも商店街をつぶして生活を依存させてしまった責任もあるので出来るだけ続けるべきだとも思うけど

とは言ってもつぶれたらつぶれたでまたその隙間を狙って新規参入する企業もあるだろうから結局は何とかなるんだと思うけどね

スポンサーリンク

かぼちゃの馬車問題について

後で書くが本日ビーズソファ(人をダメにするソファ)を洗いドライヤーで乾かしていた
その間ヒマだったのでTVerでガイアの夜明けを見た
内容はかぼちゃの馬車とレオパレスの問題
そのうちのかぼちゃの馬車問題について書く

スルガ銀行の財務状況、貸倒引当金は足りてるの?

先日(6/6)かぼしゃの馬車問題による貸倒引当金をスルガ銀行が203億円追加計上した
実際の現状確認の為スルガ銀行の貸借対照表を確認してみた↓
※この貸借対照表は追加計上前
surugaginkou.png
surugaginkou2.png
※この貸借対照表は追加計上前

まずは上の表、資産の部の貸倒引当金
これは簡単に言えば貸倒を先に見越して積立ていた額、つまり資産(場合によっては戻り入れを行って益出しも可能)
この金額が2017年から2018年で385億増加している

次に下の表、損益計算書
貸倒引当金が401億円計上している
去年の繰入は無いのでこの401億はかぼちゃの馬車に対する計上と見ていいだろう

で実際の貸出金償却(実際の貸倒の金額)は去年93億円で今年が53億円となる
これを見ても貸倒が少ないのに引当金を増やしているのが分かる(つまりかぼちゃの馬車用)

そして今回追加で203億円の追加計上を含めると繰入の401億円と合わせて604億円
貸倒引当金の総額で言えば781億円(578億+203億)の貸倒れを想定している事になる

ネット上では203億円で収まるのか?(実際は781億ある)
みたいな事も言われている
貸出オーナー700人でほとんどがフルローンで約1000億借りているらしい
うーん多分足りなさそう……
返済状況にもよるが(入居率から言って期待出来ない)自己破産した際に1人頭1.4億円程度の資産を回収出来るかと言われたら多分無理
1番回収出来そうなのがアパートだがアパートの作りから言ってほぼ無価値らしい……
更地にして土地として売るのが1番との事(そんな損切をする事が出来る人いるの?)

こんな投資話に引っかかる人間が返済出来る資金があるとも思えないし
後は今年中に破産せずに来年以降破産する可能性
返済額が月50万(利率3.5%で1億当たり50万との事)
アパートの価格が1億以上が基本との事なのでこの最低50万円を払える人間でないとすぐに自己破産となるだろう(家賃収入と借換えは一考の余地があり)

結論を言えばほとんどの人は1年以内にほとんどの人が自己破産する事だろう
なので貸倒引当金はさらに追加計上しなくてはいけないだろう


style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-7099908611497630"
data-ad-slot="5378909910">


オーナーはどうすればいいの?

結論
今すぐ自己破産しましょう
夢も希望もありません
無意味な利息を払って銀行の利益を増やさずに自己破産をして銀行の利益を最小化しましょう
自己破産する前にアパートをただ同然でうっぱらっちゃってもいいかもしれません(銀行に入るお金が減る)

まぁワンチャンあるとすればスルガ銀行に裁判で勝って元本の支払いを無くす事
でも多分勝てません(借入の際に資金の水増しを行っている為)
むしろ逆に訴えられるかもしれません

間違っても自己破産だけはしたくないと必死の抵抗をしないで下さい
傷口を広げるだけです

強い言葉で言えば投資は自己責任です!!
こんな少し調べれば怪しいと分かる投資話に引っかかった自分が悪いのです
しかもフルローンなんて持っての他です
投資は余裕資金でやるものなのです
投資が失敗したら破産だなんてなんてもってのほかです
資金管理も企業分析も出来ない人間が上手い話しに手を出したのが悪いのです
でも結託したスルガ銀行とかぼちゃの馬車はもっと悪いのです

スルガ銀行の利益を減らす事と傷口を広げない事 それが今できる最大の事だと思います

嫌がらせの裁判を起こすことはありだと思います
もし勝てれば救済を得られますしね
勝てなくても企業は嫌でしょうし

連帯保証人を知り合いにお願いした人なんていないよね?
連帯保証人の方もご愁傷様です。一緒に自己破産をしてあげてください

スマートデイズ大地則幸前社長の経歴はレオパレス


かぼちゃの馬車のスマートデイズ大地則幸前社長は元レオパレスの社員だ
国際理工専門学校建築設計課を卒業後、清水建設株式会社に入社
株式会社レオパレス21入社
株式会社MDI入社(レオパレスの元社長が作った会社)

ガイアの夜明けでレオパレスの建築偽装問題と抱き合わせでやったのはきっとこの為だろう
どちらもやり方は似ている
表面利回りを高くしているが実際はアパートの建築段階で大きく儲けている
そして建設費用が下がればその分会社の利益は上がると

最後に


何を隠そう1番投資家としてばかだったのはスルガ銀行ですね
先のない事業、資金のない投資家への融資
お金のない人に大金を貸すなんて馬鹿でしかない
しかも事業自体も怪しいときた

今回の問題はスルガ銀行がお金を貸した事が1番の問題
スルガ銀行が融資した所為で普段投資なんてした事のないなんちゃって投資家が不動産投資をしてしまった

言い方を変えれば
銀行がフルローンで融資してくれる魅力的な事業だと思ったからばかな投資家が引っかかっちゃんだよ
地域の人々に寄り添った事業が地銀の役目だと聞いたけど
今回やった事は信用のない事業を自分の信用で補ってしまったんだからな!!

スルガ銀行はつぶれた方が良いと思う

スポンサーリンク

有資格者、無資格者

今、日産の無資格者検査が問題となっている結構騒がれているが個人的には何が問題なの(問題って言っている人に対して)って感じである
さも重大なことのように書かれているコメントや記事が出回っている
読んでみると無資格者が有資格者がやらなくてはいけない作業をやっていて大変だとのこと
自分からしてみればこれって重大なことなのか大したことがないのかがこれだけじゃわからない
なぜなら、資格がある人だろうと知らないことや見落としはあるし、無資格者だと何もわからないなんてことはないからだ
施工管理を行っている自分としてはわかっていない有資格者(施工管理者)よりわかっている無資格者(作業員)が多いという事情を知っているからだ
今回の件の重要な部分は日産の経営層が検査のマニュアルや検査員への指導があったのかどうかである
もし検査がザルで通過していたとしたら信用が地に落ちるだろう
しかし、リコールにて正しい検査がなされてたと判断されればリコール費用も掛かるため世間的には許されることとなるだろう

つまり何が言いたいかと言うと、この少ない情報しか出せてないくせに炎上しすぎだと言うことだ
資格を持っているに越したことはないし、日産の様な大企業はコンプライアンスが重要なのは間違いない
けれども一番の問題は日産に誠意(いいものを届ける気持ち)があったのか?それだと思う

※12/24追記 この記事を書いた後無資格者検査が再度指摘された
正直現場の危機管理が甘すぎると思ってしまった
ただ下の記事の様に無意味と考え現場が無資格者検査を軽視してしまった可能性もある
http://www.mag2.com/p/news/333197

スポンサーリンク

IDECO(イデコ)

今年に入ってから何かと話題になっているイデコ
これの利回りがすごい
なにがすごいかというと所得税の還付額だ
自分の場合年収500万なのだが所得税約20%住民税10%なのだが
月2万積立を行った場合 2万x12か月=24万
この積立額 24万x30%=7万2000円が還付金として戻ってくる
つまり利回りがこの時点で30%だ
すさまじい…
そして買った投資信託の運用益にかかる税金がかからない(利益が出すぎるとかかるが現実的ではない額)
つまり60歳になった時に受け取る額は額面道理でもらえる
ちなみにこのイデコ年収が多い人が得
年収1800万を超える人は払ったお金の半分が戻ってくるのに対し
年収195万以下の人は15%しか戻ってこない
収入のない主婦や学生が入っても所得税の還付がないので注意

てな感じでいろいろ調べたのだが個人的にはやらないことに決めた
理由としては60歳まで途中解約できないことが大きい
まだ60歳まで30年以上あり、その間のお金を凍結されるって普通に考えたら厳しすぎ
長い人生で考えたら現金が必要になることは何度もあると思う
家を買うときの頭金の額によってローンの組める額も変わってくるし
もし子供がいて(いないけど)大学に行くときにお金の心配はさせたくない
なにより60歳になる前に死んだり、病気等で楽しく使うことができなくなっていたら悲しすぎる
だから自分はやらない
40歳位ならやっていたかもしれない

しかしながらイデコを投資として考えるならとても優秀だ
もし元本割れしたとしても年間の還付額を考えればほぼ間違いなく大幅なプラスになるだろう
お金に余裕があって個人型の年金に加入するぐらいなら絶対にイデコの方が得だ

結論だが50歳位で10年くらいやるのが一番理想的妥当思う(還付額や拘束時間の観点から)
ちなみにこの記事は別にどちらを推すわけではない個人的な考えを適当に言っているだけだ

スポンサーリンク