スポンサーリンク

株 - トウカイタクミの資産形成
FC2ブログ

ニーサ(NISA)口座のロールオーバーは得か損か

初めに

ニーサ(NISA)口座にロールオーバーという制度の案内が来た
内容が面白かったので記事にしてまとめようと思う
因みに自分はNISA口座を使っていないので対象外である

ロールオーバーの仕組み

マネックスさんのスクリーンショットを使って説明する↓
ro_ruo_ba_.png

簡単に言えば来年の非課税(ニーサ)枠を使って5年たって期限の切れるニーサ口座内の証券を5年延長出来ますよーと言う制度

でここで問題になるのがロールオーバーをするのとしないのどちらが得なのかと言う事である
ここでロールオーバーの仕組みのもう1つも見て欲しい↓(マネックスさんより)

ro_ruo_ba_2.png

ここで書いてあるのは含み益なのか含み損なのかという話
含み損でロールオーバーした場合は来年の非課税枠は120万-現時価総額の残りの部分が来年の非課税枠として残る

逆に含み益の場合120万をオーバーした部分に関してもロールオーバーが可能
ただし120万を超えなかった場合に関しては限度額が多少残ることもある(2014年時点での限度額が100万だったため)

どっちが得なの?

最終的にどっちが得なの?って話なのだが分かりやすい方から書く

含み損を抱えている場合、ここで出来る行動は3つ

1.ロールオーバーする
2.期限切れで特定(なければ一般)へと移管される
3.売却して損益を確定させる

1と2の比較をすると間違いなくロールオーバーすべきである
含み損という事を考えると特定口座に移管される際に購入価格が安くなってしまうからだ
簡単に言えば今後5年持つとして安値での購入価格であるほど利益が出た際に税金がかかってしまうためだ
長期保有で考えていて含み損を抱えている場合はまず間違いなくロールオーバーした方が得だろう

対して3はその株に長期的な見込みがないもしくはより良い銘柄への入れ替えをしたいという場合
この場合はたとえ含み益であろうとも含み損であろうとも大して関係ないだろう
結局は5年後、ニーサ(NISA)口座の制度が2023年までである為2018年に限って言えば10年後と言う期間で伸びていかないと思える証券であれば売却も考えていいだろう

次に含み益の場合、ここでは120万以上の含み益が出ている場合について書く

この場合も3つの行動で比較する
1.ロールオーバーする
2.期限切れで特定(なければ一般)へと移管される
3.売却して損益を確定させる

まず1と2の比較をする
含み損の場合の理論で言えば高値で買った事になる特定口座への移管の方が得となる
この場合の考え方は高値圏でこれから下落すると予想する場合
これから下がるんだから利確(高値で移管)しておいてニーサ(NISA)口座は別の証券で利用する場合はこちらが得となる
逆に特定口座へ移管した後にさらに高値を更新していった場合はその分税金を払う必要がある為損をする
ここまで特定口座へ移管した方が良いように聞こえたかもしれないがロールオーバーの場合の最大のメリットは複利での運用となる
現在の株価水準(2018年9月23日現在)で言えば100万円の口座150万以上になっていてもおかしくない
これがニーサ(NISA)口座を最大限に利用していると言えるだろう

次に3の売却して損益を確定させる場合
これの利点はニーサ(NISA)口座内で完結している為確実な利益を確保するという意味ではありだろう
ロールオーバーも特定口座への移管もしないので長期的なリスクの回避という事にもなる
個人的には売却するのは上策のような気もする
オリンピック前後にあるだろうチキンゲームに参加する必要もないだろうし

結論

個人的な見解を言うと含み益であろうと含み損であろうとロールオーバーはすべきである
ただし長期的な目線で証券を選び購入した場合であるが

特に2018年の今2023年でさらにロールオーバーが出来る事を考えた場合利益の最大化及び資本主義の原則(成長し続ける)を考えたらロールオーバーをした方が得になると考えられる

もちろん最終年になんとかショックみたいな事が起きれば大きく損をすることも考えなくてはいけないが

個人的にはロールオーバーの事を知っていたらニーサ(NISA)口座やってたのになぁという感じだ
まぁ情弱なのが悪いのだが……

※この記事はニーサ(NISA)口座すらやっていない人間が個人的見解を好き勝手書いてるだけです
投資は自己責任でお願いします

スポンサーリンク

ポジポジ病発病中

専業投資家になって負ける人多くはポジポジ病によるものが多いと言われている
サラリーマン(兼業)時代には時間が無いので目線も長期目線の人が多い
しかし専業となると時間があるのでちょっとした動きでポジってしまい負けてしまうという

本日、日産を500株購入した
今月はニッピ300株、アマダ100株を購入している
せっかく資金繰りでイオンを売却したのに何をしているのだという感じ
しかもイオンは売った直後上昇(笑)

まったくやっている事があべこべである

今回は割安感があるから買ってしまった
長期目線の買いである
資金繰りを考えたら短期目線で買わなくてはいけなかった

しばらく長期目線での売買は控えたいと思う

とはいっても値下がりを起こしたら買いたくなっちゃうんだろうなー

スポンサーリンク

ニッピ(7932)買ってみた

今日も休み!!
明日は仕事orz
今日のサッカーは日本戦だけでやめておこうと思う

ニッピ(7932)を300株買ってみた
この株は初めてストップ高を食らった株かつ地元?企業なので思い入れが多少ある
ここの株以前は1000株単位で700円程度だったのだが少し前に5:1で分割を行った
多少は流動性が出来るかと思ったがほとんど出来高のない危ない株(笑)
思い入れが無ければ多分買わない

一応業績↓(マネックス証券から引用)
nippi1.png
ここの主力事業はコラーゲンケーシングとゼラチン関連
ケーシングの利益率1.4%だけど…
2016年の3月に完成でケーシング工場の拡張を行っている
しかもゼラチン分野の工場を潰して
1度下を見て欲しい

nippi2.png
コラーゲンケーシングの事業2014年より増産体制の準備に入り2016年完成!!
その後の業績超右肩下がり(笑)
売上高自体はそこまで下がっていないのだが利益率ダダ下がり
因みにこのケーシング事業と言うのは人口で作ったウインナーの皮である(豚の皮を溶かしてそれを皮の形で固める)
もっと言えばセブンのフランクの皮w

業績が悪化してる原因ってここにあるのだと思うんだよね
コラーゲン人気が高まって原料高になっているらしいのだがセブンのフランクの値段が上がっていない
効くところによるとセブン用でかなり出しているらしい(発展途上国にも多く輸出している)
原材料費は上がってるけどセブン用の値上げが出来ないそんな所なのではないだろうか

それとは別にゼラチン事業が上がってるんだよなー
四季報見ると健康食品用が堅調との事
利益率と売上の両方が上がっている所を見ると需要が増えてブランド化出来ているって事かな

これがニッピのメイン(利益の柱)の事業

ただ特筆すべき事業がもう1個ある
それは賃貸不動産事業、売上高は1番低い事業だが利益額は1番かつ利益率が51%という(笑)
やっていることを簡単に言えば駐車場(開発も多少やっている)
もちろん本業ではない……
そして土地の時価総額は200億円以上とも……ニッピ株の時価総額が120億円なのに……
そりゃあ買収しようとする企業いっぱい出てきますわ(笑)

そんな訳で本業はいまいちだけど利益自体は堅調な推移が見込めるのがニッピと言う企業
ただ1つ気になるのが流動資産250億に対し流動負債も250億
支払利息2億や手形売却損(手形を待てずに割引で現金に変えた)が発生している点
固定資産はあるけど意外と経営は自転車操業?
かと思ったけど現金資産が53億あった

それと経営陣があまり株価を上げる事に興味がなさそう
まぁあったらPBR0.45になんてなってないよね

結論
1度株価が下がったとしても長期的に見ればまた上昇するだろう
だから買い(購入価格4158円)

ある程度で株価の反発はあるだろうけど上に行ってもまた下がってきそうな気がする

※投資は自己責任で

スポンサーリンク

株主優待と配当どっちがいい?信用クロス取引はお得?

逆アクセスランキング入れてみた
今なら自サイトからアクセスしてくれれば簡単にリンクが作成されるようになったので良かったらアクセスして欲しい

本題
最近3月権利日の配当及び優待が届いた頃かと思う
それについて先日父親と話したのが

株主優待と配当どっちがいい?

と言う話である
結論としては株主優待はと配当の額面が同じであれば株主優待の方が得である
ただし無くても買う(使う)ものであれば得、必要性の薄いものなら損だ

なぜかと言えば株主優待には税金がかからないからだ(厳密にいえば雑所得)
なので額面が同じであれば配当だと優待の8割になってしまう配当より優待の方が得だ

ただし、使うものであればだ
自分はコメダに行った事が無い
今回優待を貰ったので行こうとは思うが自分はコーヒーショップに行く事にメリットをあまり感じていない
1500円分のポイントを貰ったが普段コメダに行く人は1500円の価値があるが
普段行かない自分としては1500円と言う額面通りの価値は無い(価値があると思えば普段から行っている)

優待は使う人によって価値が変わってくるので普段買っているものであれば得だと思う

そして優待には大きく分けて3つの種類があると思う
1.株主も企業も配当より得
2.株主は配当より得だが企業はどちらでもいい
3.株主は配当より損だが企業は配当より得

1の例としてはイオンの3年保有以上の自社商品券だ
普段イオンを使っている事が条件だがどうせ使うものなので配当より税金分得である
イオンにとっては人がモールやスーパーに着てくれるという事と
イオン内で使用することで実際の費用は商品の額面ではなく原価での価値分と考える事が出来る

2の例はクオカードである株主はどこでも使えるものであるので税金分得である
企業としては換金性の高さ等から株主還元に貢献してはいるが配当で出したとしても企業としてはあまり関係ない

3の例はブロードリーフの自社サイト(部品max)での商品券だ
特別欲しいものもないので配当としてもらった方が税金引いても得だ
企業としては使用されても費用は原価だし自社サイトの広告の意味もある

つまり優待が無くても買うものでかつ発行する企業で使用出来るものが得だという事だ
逆に普段買うものでなければ余計な出費であるので株主優待より配当としてもらった方が得だと思う(さじ加減は自分次第)

まぁ、配当や株主優待は企業にとっても負担であるので自社製品のある会社は株主優待を積極的に利用するのは良いと思う


style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-7099908611497630"
data-ad-slot="5378909910">


信用クロス取引はお得?

信用のクロス取引による優待ただ取りにの可否ついてだ

実際の所これも上記で書いた事と同じだと思う
優待が無くても普段買うものであれば得、無かったら買わないものは損だ

ただ取りとよく言われているが当然手数料がかかる
マネックスで吉野家(2000株)のクロスをやった場合を計算してみる
この場合優待券は40枚x3000円分で1万2000円分だ
吉野家の現在価格は2222円(2018/6/17現在)

信用取引(信用取引後現引きの方が安い)は200万以上の為手数料は1000円x3(往復)で3000円
+現物売り(約定金額の0.1%)1回が444万x0.1%=4440円で合わせて7440円かかる
(信用買い2000株、信用売り2000株→買い2000株現引き→権利確定→現物売り、信用売り決済)
細かく言えば信用買い年利2.8%、信用売り年利1.15%の諸経費もかかる(500円くらい?)

つまりマネックスで吉野家信用クロス取引をやった場合
1万2000円-7440円=4560円の得となる(手数料の安い証券会社は他にもある)
利率でいえば38%引きで購入している計算となる

つまりこれが特になると考える人はやればいいし特にならないと思えばやらない方がいいという事になる

とは言ってもリスクもある
制度信用取引と一般信用である
因みにマネックスは一般信用売りは出来ない

この制度信用を利用する場合逆日歩がかかる可能性がある
逆日歩は貸株の残高が減ってきた時にかかる費用の事である
信用クロス取引で株を借りて売る人が多くなる為逆日歩が付く可能性が高い

吉野家では2018年2月の権利落ち日は1.5円の逆日歩が付いた
2000株x1.5円=3000円
これを含めると
1万2000円-7440円=4560円-3000円=1560円となる

まぁまだ損ではない
ただ逆日歩がいくらつくかはやってみないと分からない
制度信用で行うとギャンブルとなるので気を付けましょう

結論
優待クロス取引はただではなく割安で買うようなものだという事
一般信用かつ買わなくても使うものであればやってもいいのかなぁと
ただし制度信用しかないマネックスでやっている自分にはクロス取引はリスクが大きすぎて出来ない

スポンサーリンク

曙ブレーキ利確

FOMCは市場の予想通り利上げを行った
ついにアメリカの金利が2%になった

この利上げの目標値っていくらなんだろうか?
って事で調べてみたら2020年で最高3.4%
長期的には2.9%との事みたい

つまりまだまだまだ上がる余地があるようだ

本題
昨日記事に書いた曙ブレーキなのだが本日ストップ高がつかなかったので利確した
結局買い付け金(手数料含む) 47万486円
売却金(手数料含む) 68万5260円
差し引き +21万4774円(税引き前)

完全なラッキーパンチだったのだが
美味しく頂いた

大体自分が売るとその後上がるんだよねー(笑)

先日もイオンを利確したらものすごい勢いで上昇していきました……

スポンサーリンク